2010年07月23日

猫が忘れられること、猫に忘れられること…

僕、ねこだよ
ママがね、いないの
僕がちいさい頃
ママがね、しんだの

しぬ、ってどういうこと?
ママがいたこと
僕がいたこと
僕のちいさな心と
僕のちいさなからだと
大きな手が
抱っこしてくれたこと

みんなみんな
なし、になっちゃうの?

私、猫よ
こどもが、いたの
でも口に咥えてこどもを運ぼうとして
大きくて早く動くものが
どーんとぶつかってきて
こどもははんたいがわに飛ばされて
大きな手が掬い上げてくれたこと
霞んだ目が見えた

あの手の人は
私のこどもは
私のことを覚えていてくれるだろうか

私は、にんげん
この子猫を母ねこから
託されるように預かる前に
もう1ひき、ほかのねこが
すこし前に
どこかへいった

あの白い
あの長い
あの柔らかい毛皮は
私のことを覚えていてくれるだろうか

猫が忘れられること、猫に忘れられること…


キューリグ大名店が預かった「ぬいぬい」ちゃんの元飼い主さんの想いとは、かなり違うイメージで創作してみた詩ですが…ベタだなあ。
いえね、新しい飼い主さんが見つかってそのお宅でぬいぬいちゃんが幸せになるにせよ、
ぬいぬいちゃんが元飼い主さんを忘れてしまう?事を想像するともう、たまらないのですよ…。
覚えていても、忘れてしまっても、どちらも不憫だなあと…。


保坂和志氏の「猫に時間の流れる」ですと、こういった思いが実に巧く表現されており、
猛烈に嫉妬心を感じますな…凡人としては、だ。

海上遺跡

週間文春に幡野広志さんというカメラマンの海上遺跡写真が掲載。

海上遺跡…耳慣れない言葉だ。

長崎県の軍艦島のようなものだろうか。



誌面の写真を見たら、川棚と伊万里の海上遺跡が。

長崎県、隣接する佐賀県にこのようなものがあったのか。

近くに住んでいながら知らなかった。



幡野氏のブログや関連WEBを検索。

島の上に鳥居、という写真もあった。

これと似たような景色が佐世保市の九十九島でも見られる。



幡野氏の写真には島も無く、建物だけがぽっかりと海の中に鎮座しているものもある。

川棚と伊万里の海上遺跡がそうである。



何らかの理由でその場所に建てられた当時、島や陸続きの土地もあったのかもしれない。

なぜそこへ忘れ去られたように放置されているのだろう。


幡野氏の写真に想像力をかきたてられる。



幡野氏は茶白の猫も飼っておられる。

アーティストに猫、そうこなくっちゃ。




ニックネーム わかたかたかこ at 16:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

青木るえか「猫の品格」

青木るえか「猫の品格」

週間文春のテレビ表で鋭い意見を書いておられる青木るえか氏。


本書は文藝春秋からの新書。2,009年4月20日第一刷。
書き下ろしということのようだ。


「猫ならなんでもいいんです」

「猫に取り憑かれてしまう人間というのは、ふだんそのへんを歩いている時からもう、アミを張って歩き回っているようなものだ」


あらら…私の事ですね。

2004年4月頃から、それまで全く興味が無かった猫にまさしく取り憑かれてしまった私。

愛するプロ野球チームが2003年の日本一を最後に優勝できなくなった、そこからリンクしている…
と書いたら尊敬する野良猫写真ブロガー様にウケテしまったが。

それ以前の私は公園、植え込み、車の上や下、建物と建物の隙間などに猫がいても気がつかずに通りすぎていた。

今では猫レーダーが発達して、見つけるようになった。

青木るえか氏は「本当に猫が好きな人、は見た目がさえない」と言う。
「猫の品格」の中で氏が品格を感じる猫とその飼い主は裕福ではなさそうな地域におられる。
詳しくは本書をご覧頂きたい。

居住地域とご本人の見た目と違って、猫たちはとても美しいそうだ…スゴイ。
私の知人の野良猫お世話人さんと、彼が世話をしていた猫(行方不明)もそんな感じだ。

本書は他に青木氏の飼い猫との生活、獣医、「世界の有名猫」「村上春樹の猫」などについて書かれている。

春樹さんの「あたり猫とスカ猫」思想ね、私もヤラれましたよー。

青木氏が品格を感じるという内田百閨A彼の飼っていたノラとクルツ、この2匹も「あたり猫」だったのだろうなー。

百閧フ「ノラや」についてはいずれ書かなくては…と思っている、「まあだだよ」!

GingerOrange10Apr30 (6).JPG

ニックネーム わかたかたかこ at 16:45| Comment(0) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

野澤延行「のらネコ、町をゆく」

獣医師の野澤先生は西日暮里で動物病院を開業しておられる。HPに谷中や猫に関する記述もあるので、ご覧頂きたい。


本書はのらネコ問題、地域ネコ活動について特に多くのページ数が費やされている。


「私の子ども時代といえば昭和30年代。振り返ると、のらネコは町の風景の一部のような存在だったと思う。」

これは青木るえか著「猫の品格」にも(青木氏のほうがずっと若い方であるが)同様の描写がある。
猫関係の著作はたくさん読んだが、久々に面白く読めたのが本書と「猫の品格」である。


野澤先生は「日本のガラパゴス」こと小笠原諸島から野生化した猫を引き取られている。
可愛らしい三毛猫で順応も早かったそうだ。


「私が理想とするのは、ネコ自身が暮らしやすい、のらネコ主体の「なんとなく共存」型の地域社会である。」
「あうんの呼吸というか、曖昧さというか。(中略)しばしその姿を眺め、(中略)プイとどこかへ立ち去る後ろ姿を見送る、そんな関係でいいのではないかと思う。」


そんな世の中になると、いえ、著者の若い頃のような状況に戻るといいですね…


ニックネーム わかたかたかこ at 19:40| Comment(0) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

ある場所で長崎ねこに会いました

6月2日(水)、長崎で「さるいて」みました。
風頭公園、上野彦馬の墓、亀山社中、新大工市場、諏訪神社、松の森天満宮、浜の町、中通りなど。


今まで行った事がない龍馬関係の場所に行ってみようと…天気予報を見ながら。
ただし暑い日だったので、風頭公園まで徒歩ではシンドイだろうと思い、長崎駅東口からバス乗車。
バスは桜町公園→公会堂→浜の町→思案橋あたりから上へ登る。
行こうか、戻ろうか思案橋…などと頭の中でつぶやく。


通る道を考えれば「なんだ、歩いて行けそうじゃない?」…以前2年程住んでいたので。
地図上でも自分が住んでいた辺りからは遠くない。


しかし、長崎電軌道が終わったあたりから「うわ、無理じゃね?」。
坂の上を登る長崎バス運転手さんの超絶技術に驚嘆。
「県民ショー」でも紹介されていた。
他県出身のF1ドライバーが「長崎出身のF1レーサー居ないのですよ。バス会社に取られているのですね」と冗談半分に言っておられたのを思い出す。


川(中島川の支流?)が流れるのを見て「食べかけの檸檬、聖橋から放る。各駅停車の赤い色がそれを噛み砕く。川面に波紋の広がり数えた後、小さなため息まじりに繰り返し、捨て去る時にはこうして、できるだけ、遠くへ投げ上げるものよ♪」
…長崎ということでさだまさしの名曲「檸檬」を小声で唄う。描写されているのは湯島聖堂辺りなのですが。
丸善に檸檬を置いてこようか、梶井基次郎くん?


ま、長崎だもんね、ということで「絵はがき坂」も歌う。
「同じようにジーンズ着て、アンアン・ノンノ抱えた若いお嬢さんたちが今シャッターを切った。活水辺りはまだ絵はがき通りの坂♪」
…時代が違いますがな。こんな文学的な歌詞書く人いますか、今?
あえて古風な「檸檬」は唄う、と書いたけどね。


バスは上へ上へと向かう毎に信じられない家の建ち方に驚く。
我が町・佐世保市も坂が多く、自転車はあまり見かけない。
それでも家と家の間は割りと余裕があるように思う。
後で伊良林辺りを徒歩で下って行く際、長崎の建蔽率は一体…と更に驚かされることになるのだ。


バスが終点・風頭に到着。来たバスがそのまま下るバスになるらしい。
金網で仕切られた駐車場がバス発着所も兼ねている。
下りの時刻表を確認、やや不安になるのは登りの急斜面にビビッたからだ。
1時間後に戻って来れるか…結局歩いて下るのだけど。




坂を下るとまもなく風頭公園と長崎ハタのお店が見えてきた。
長崎ハタは赤白青と仏蘭西国旗のようなお洒落なハタ(凧)である。
以前可愛い腕時計も売っていたけど、あれまだあるのかな?




風頭公園。高台からの長崎眺望は素晴らしい!
稲佐山やグラバー園からの眺めは何回か見ているのだが。
野生の紫陽花がたくさん咲いている。
敷地内に大きな神社もある。



写真を撮っているうちに、さるくガイドさんと添乗員、運転手さんに連れられた観光客の声が。
ある場所では「ここは新しく出来たのですね?」という龍馬マニアらしき観光客。
興味があるからいらっしゃるわけで、長崎検定をお持ちであろうさるくガイドさんも大変である。




大きな龍馬像のそばに司馬遼太郎「竜馬がゆく」の一説が書かれた記念碑も。
西原理恵子さんの龍馬イラストに描かれたように、偉いのは司馬さんなのですよね…昨今の異常なブームはね。
ぶーつ像はその周辺にはなく、亀山社中近くにあった。

上野彦馬先生の墓も見た。
前日にギャラリー喫茶「ディアヒコマ」のマスターたちが命日に墓掃除をしておられるという毎日新聞の報道。
彦馬先生、デジタルのそれもコンデジで申し訳ないのですが、今日もいい写真が撮れますように…と合掌。



亀山社中周辺でテレビ局カメラクルーらしき人々が立ち往生していた。
さっき上のほうで見かけた美しい女性はレポーターさんだったのか。
車を入れたはいいけど、出せないか?…と困っておられた、長崎の道、おそるべし。


若宮稲荷神社が亀山社中の周辺に。
川の流れが涼しげ。


亀山社中には多くの有名人が訪問しているようだ。サイン色紙がたくさん飾られている。
自分1人だけになったわずかな時間に畳に寝そべって窓から見える景色も写るように…俯瞰ってやつですかー、小津安二郎くん?


守る会のおじ様が彦馬先生撮影の龍馬と福山さんの間に座った私を撮影してくださいました、有難うございました。


長崎の豪商女性の写真に「余貴美子さんだー」…それは役柄でしょう、でもぴったりだよね?
テレビ殆ど見ていないけど。
何か「タイタニック」の時の女優さんみたい、ほれ、「ミザリー」のあの人。キャシー・ベイツ


亀山社中記念館にも行く。
こちらは撮影できるのは月琴が置いてある部屋だけ。
男子修学旅行生が相当勉強しているらしく、学芸員の女性も説明にリキが入っていた。
彼らにはタメ口だったのに私の質問には敬語で返事され、軽くショックを受ける。
日本語学習者の外国人に教えてやろう、敬語はかえって失礼?ではないけど使われたほうが傷つくこともあるのですよ…(笑)。
龍馬のぶーつは記念館の外にあった。
ここから一般人の墓地やら家々を見ながら新大工町まで歩いて下る。
長崎、建蔽率守っているのか!?という位に信じられない建ち方である。
工事中の箇所もあった。


以前住んでいた場所では近辺の工事に馬が来たことがあった。
長崎では良くあることだとか。今でもそうなのかは不明。

懐かしい新大工町を冷やかしていると、昔からあったお店と新しいお店が混在。
今でも活気がある。

ランチを食べるお店に検討をつけて、諏訪神社へ向かおうとしたその時。
号外を配る男性が。
「鳩山首相が退陣」の長崎新聞である。
号外など、初めて手にした。
橋のたもとで号外を見る花売りのおば様やタクシー運転手さんたちの写真を撮影。
さすがにブログに掲載するのは躊躇われるが、我ながらいい写真かも…と悦に入る。
彦馬先生のおかげかしら。


諏訪神社へ。階段を登る人や座ってお弁当を食すおっちゃんたち。これも撮影。
お諏訪さんはやたらと広い。階段もスゴイ。
ここで長崎くんち、とは危ないよね…怪我人でないのかな?


近くの松の森天満宮へ。こちらのほうがこじんまりとして、落ち着く。
役年前に訪問した時は鶏、猫、犬を飼っておられたのでそれも嬉しい。
しかし、今回犬は見かけなかった。亡くなったのだろうか?
猫さんも暑いからか、1匹しかいない。
2年前見かけたのと同じ子だった。懐こい。鶏さんも元気で良かった。


ランチを食べに新大工の喫茶レストランへ。
コーヒーやお茶は飲み放題でごはん、味噌汁もついて650円。
特にレンコンの梅紫蘇はさみ揚げが美味しかった。

新大工町近辺に住んでいた頃は良く浜の町まで「中通り」を歩いていた。
大変な暑さと風頭公園からの登り降りの連続でさすがに電車に頼ってしまった。
電車から浜の町アーケードの表通りを見ると電停の一つがスターバックスの目の前。
庶民で日本初のコーヒーを飲んだであろう、長崎の歴史を考えると有名コーヒーチェーンが長崎に増えるのは邪道である。


アーケード内で「まちかど龍馬館」へ。
有料の展示場には入らず、グッズ店を覗く。
全国から?龍馬ファンが集結といった趣。
Tシャツなど面白い柄のものもあったが、半袖なのに厚地で(質は良いのだろうが)夏に着るには厚そうだ。
長崎の観光スポットを紹介したVTRを見せている。
軍艦島の紹介パートに特に惹かれた。

アーケードから中通りへ下る。
紫陽花が所々に飾られている。
赤い看板で「長崎龍馬の道」…こんなの、昔は無かったのですが。
長崎駅からそうだったが、ちょっと龍馬に便乗しすぎかと「いわかん(ねこタクシーか!)」を覚える。

「ニューヨーク堂」にも惹かれるものがあるが、「ビアンカ」へ。
最中アイスがお手頃価格で種類が豊富で美味しく、看板ワンコちゃんが居たことを覚えていたから。
抹茶味のアイスが売り切れだったのが残念だが、バナナ味も美味しかったです。
ワンコちゃんには会えなかったがお店の方が朗らかで素敵でした。
小さなブランデーケーキも種類が豊富。これは抹茶味が残っていた。
お土産にダックワース(母が福岡の「16区」ファン)と共に求める。

5時のバスに乗りたいので適当なところで切り上げる。
またね、長崎。


ある場所で長崎ねこに会いました。
尾曲がり猫がいましたよ!曲がり、どころか尻尾無いでしょ、千切れているでしょ?の子がいた。
以前会った地域猫(首輪があった)の白猫ちゃん(尻尾は長い)にまた会えました。
元気そうで良かったです。



ニックネーム わかたかたかこ at 16:32| Comment(0) | 長崎尾曲がり猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする