2011年01月18日

American Pie

市立図書館でS・カウンシルのライブ(これは自分でも所持の可能性有り…)、S・ヴェガのライブ、ドン・マクリーンのCD(正直、「アメリカン・パイ」だけでよい)を借りた。

「アメリカン・パイ」はとても宗教的な引用があり、例によって日本人には難解…


ドン・マクリーンの「American Pie」という曲を初めて知ったのは萩尾望都の同名漫画。

しがないクラブ歌手でグラン・パというあだ名の中年男。
彼がひょんな事で浮浪児の少年(実は少女)と出会う。


14,5歳くらいのショートヘアのやせっぽちの少女とグラン・パとの奇妙な共同生活。

少女は壊れたレコードのように「バイバイ、ミス・アメリカンパイ…」と同じ曲の同じ箇所を繰り返す。

彼女のお気に入りの曲らしい。

グラン・パは少女にギターを教える。

コードを押さえるぎこちない少女の手。

「へへ、難しいね」

ある日、グラン・パが出演するクラブで気まぐれに彼は少女をステージに出す。

タンバリンを片手に即興曲を歌いだす少女。

澄んだ声と彼女の詩の創る情景…確かに彼女の歌う風景が見える。

観客は水を打ったような静けさに。 次々に歌いだす少女。

「私、もう声が出ない。今日はもう、お終い」

苦しそうな少女は突然歌を辞める。

観客は大騒ぎに。

少女の歌う世界の評判は実の両親の知る所に。

未読の方の為に詳細は省く。

This will be the day that I die

ああ、これは絶望の歌じゃないか…

グラン・パは「アメリカン・パイ」の歌詞の一部に思い当たる。


萩尾先生の作品中、「トーマの心臓」「ポーの一族」のような有名作ではない。


しかし、ドン・マクリーンのやるせない声と歌詞と共に思い出される珠玉の小品である。



検索してみたらドン・マクリーンのこの曲、英語多分アメリカ人で解説を書いてる人が数件ヒット。

宗教的だし日本人の、私の英語力では手に負えない内容ですからね。

この深い内容の歌詞、やはり同胞としては深読みしたがる方が多いということで…

で、マドンナのカヴァー。
これは歌詞見てもサビ部分だけの抜粋しかも殊更明るくポップに。



カソリック?の彼女としては完全コピーも出来ただろうがやれば騒動になったことは間違いない、それとも完全ヴァージョンもあるのか?

8分以上の大作ですから、原曲は。

マドンナともあろうものが美味しい部分だけのカヴァーというのはちょっと、どうかな…

Kate Bush

D・ボウイとK・ブッシュ。



どちらもパントマイムをリンゼイ・ケンプに師事している。


ボウイは短く纏めるのは不可能なのでここではケイトについて少し。


明石家さんまの番組で「Weathering Heights」が使用されるとは思わなかった。



「報道ステーション」で時々世界遺産の映像が流れる事がある。


アメリカの、場所は忘れたがとても人間が住めないような広大な渓谷。

パラグライダー?でカメラマンが撮影しているような臨場感のある映像。

その時にケイトの「嵐が丘」が。


さんまちゃんの番組よりもずっと映像に似つかわしかった。


キャメラがゆっくりと、しかし急激に岩肌を舐めるようにスロープする。

そこへ神経症的なケイトの声。

いや、キャサリンの声だったか。

サビの部分、I've Come Home!


これはヒースクリフがキャシーに言っているのか?



家庭教師の仕事はしていても、姉妹(兄もいたようだが)の中で一番世間を知らなさそうだったエミリ・ブロンテ。

自宅にスタジオを作成して音作りに励んでいたケイトと似て。


ケイトのラファエロ前派、特にバーン・ジョーンズやロセッティの描く女性のような容姿も含めて、閉鎖的なエミリの描く世界とケイトが重なる。


余談であるが。



矢野顕子が英語で歌う時、かなりケイトと似ている。

天衣無縫なアッコちゃんにはケイトのような暗さ重さは無いけれど。


「Wuthering Heights」について


ケイトの歌唱法は非情に聞き取り難く、今までこの曲の歌詞を殆ど知らなかった!検索して驚愕。
まさしく「嵐が丘」そのもの。


エミリ・ブロンテという天才少女の傑作。

世紀を跨いでイングランドの天才少女・ケイトが楽曲にする…ケイトにだけに許されたこと、奇跡の邂逅である。



Wuthering, Wuthering, Wuthering Heights

Heathcliff, it's me, I'm Cathy, I've come home

I'm - so cold, let me in your window


あの狂おしくも美しいサビの部分はこうだったのか。
ケイトの声を再現したくても無理だが、夜中に歌いながら涙が出た。



明石家さんま「恋のから騒ぎ」に合わない?、と書いたがむしろドンピシャリ、の部分もある。
番組名がシエークスピアの喜劇を思わせるし、出演者たちは各々のヒースクリフを、キャシーを探している…とも言える!?


恋愛で痛い目に合った人たちの告白ですからね。

選曲した人、凄い。

映画はL・オリビエと女優はV・リー(のほうが良いよね…)ではない別の人だったかな。
J・ビノシュも演じていた。



ケイトの全盛期にキャシーを演じて欲しかったな…ヒースはスティングで!

まあ後年、J・カンピオン監督が「The Piano」を撮ったけれども!

C・ゲーンズブールとG・ドパルデュー…あ、これは姉・シャーロット作の「ジェーン・エア」でしたね。


現実にヒース、キャシーのような「熱烈に愛し合っているのに結ばれない」2人がいると…自分達だけで完結する分にはいいけど、ウザイだろうし、周囲にいて欲しくない方々であるが…。


ニックネーム わかたかたかこ at 18:10| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

The Smith

Pale Fountains


英国リヴァプール出身のバンド・Pale Fountainsの1stアルバム「Pacific Street」をこの頃聞いている。
vo,gであるマイケル・ヘッドのほぼワンマンバンドと言っていいかもしれない。


トランペットは元Dislocation DanceのAndy Diagram。
関節外れた舞踏…とは奇妙なバンド名、さすが英国。

「Bottle of Red Wine」という曲を覚えている。
Pass me the Bottle of Red Wine…って素敵な曲だった。
Fountainsにおいても印象的な演奏を聞かせてくれている。
ごめん、ワンマンバンドなんて言って。



アルバムジャケットの写真がいい。
険しい表情の若い兵士。
撮影後、カメラマンは射殺されたといういわくつき。

このエピソード、Wikiに記述無し。
私にネタ提供しろって?

「failed to make any commercial headway, but they achieved some critical praise
商業的な進歩には成功していないが、評価は高かった」
ハイ、私が好むのはそのような方々ばかり。
いい表現ですね、このように言うのか。覚えよう。

「5年で廃れるものは芸術じゃない」なんてクラシックのおねいさんに言われるとさ、違うよ!って。

PFの話に戻りまして。
特に「Unless」「Reach」は名曲。
というか、この2曲があれば他はどうでもいい、という位に良い。



2ndアルバムの「. . . From Across The Kitchen Table」も良かったが(タイトル最高!)、1stの若さ=馬鹿さ加減が瑞々しい。

2ndのプロデュースはイアン・ブラウディー。
ライトニング・シーズのプロデュースでも知られる。

来日公演は演奏のあまりの下手さ加減に酷評されていたことを思い出す。
「スタジオ盤と違う」点ではニュー・オーダーと双璧だったかも。
彼らの日本公演テープを聴いて大爆笑、でも愛おしい!と余計に思っていたなあ。


私は演奏技術の巧拙にはこだわらない。
パンクは演奏下手であるべし、が掟だったし。

ポリスは演奏技術が上手すぎてパンク・New Waveムーヴメントでは異色の存在であった。

マイクは解散後、シャック(元ジェームスのメンバーも参加)というバンドを結成。
Pファウンテインズの近年の再評価もあるとか。

Wiki調べても英語版。日本語版が無し。
仕方ないけど、ジュリアン・コープ(もリヴァプールの大御所の1人)級のミュージシャンでも
日本語版が無いのが困るなあ…私がやれってか?


ジュリアンはなぜか日本のバンドを紹介するサイトを作っている。
ジャップロック何とか…って。
どうして、また。

日本のバンド興味ないから追求する気もないけど。
自国や他国で売れなくなっても日本でだけは熱い支持、というミュージシャンは多いから?


The Cure のLove Cats

英国のバンド、The Cure のLove Catsという歌がある。

ロバート・スミスのほぼワンマンバンドであるが。

ロバスミがそもそも、長毛の猫が更にデブったような容姿、ネコっぽい。

歌詞もネコ好きが過ぎて…といった内容。
一部引用。まー、猫馬鹿振りでしょう?

The Walk という歌が同じくキュアーにあるが、それもロバスミがうぁーん、といった猫のような発声をしているので、そちらと合わせて聴いて下され。歌詞内容も猫の散歩を連想させる。

We're so wonderfully wonderfully wonderfully
Wonderfully pretty!
Oh you know that I'd do anything for you...
We should have each other to tea huh?
We should have each other with cream
Then curl up by the fire
And sleep for awhile
It's the grooviest thing
It's the perfect dream

ザ・スミス

英国のマンチェスター出身であるザ・スミス。

オアシス以前に英国で一番人気、影響力のあったバンドで日本での人気も高かった。

いや、オアシスなんてものではなかった。



私は以前スミス、特にヴォーカルでフロントマンであるモリッシーがあまり好きではなく、
特に日本のスミスファンに馴染めないものを感じていた。

ロッキン・オン誌上でも「太宰治とモリッシー」などと強引に結びつけた内容の記事を目にして、辟易としていた。

いや、そのような題の記事は無かったかもしれないが日本のスミスファンの乗りはそういう感じであった。

…単に食わず嫌いであったのだろうが。
それでも、「This Charming Man」等、好きな曲はあった。




スミスが解散してから寧ろ積極的に聞くようになった。

後から学習したファン、というか。

モリッシーの書く詩(詞ではなく)は深い。難解でもある。
米ビルボードトップ20しか興味の無さそうな人には「暗い」と言われた曲もある。

彼の声がVocalというよりはVoice、と形容されそうなふわーっとした質感で、もはや楽器の一部のよう。
その浮遊感ある声質のためか、あまり暗さを感じた事が無い。


ジョニー・マーのギター。

ギター好きの男性ロックファンに高い評価を受けているギタリストの1人である。
これも私をスミスから遠ざけていた理由の一つ…ギターオタクの多い男性ファンが苦手だから。

今ではモリッシーとマーの邂逅は奇跡であった、というのも分かるのだが。
寧ろ曲によっては、マイク・ジョイスのドラムに目を見張るものがある。

ジャケットワークも素晴らしい。


どのアルバム、シングルも、映画など格好良いモノクロ写真を使用。

ジャン・コクトーの「オルフェウス」スチール写真が使われていることもあった。

スミスのレコード(この場合CDではなく、レコードの大きさが絶対必要)をずらりと陳列したら、ちょっとしたギャラリーでの展示会も開けそうである。

彼らの曲のレビューについては、いずれまた。

コミックバンド?の猫うた「Kitty」

The President of the United States of Americaというふざけた名前のバンドがある。

曲の題や歌詞を見たらコミックバンドの要素があるが、ライブ演奏を聴くとなかなかの演奏技術。
お馬鹿やるにもワザがいるというわけか。



97年度の来日記念盤。
彼らが「ラジオスターの悲劇」をカヴァーしていた事を思い出し、久々に聞くようになった。


「Kitty」という曲が収録されている。
私が猫を好きになったのは04年以降。つまり、このCDを購入した頃は「彼ららしい面白い曲」程度にしか思っていなかったはずだ。
それどころか不朽の名曲・「ラジオスター〜」以外の曲にはさほど気に留めていなかったかも。

歌詞を一部引用
Meow meow meow meow meow meow
Kitty you’re scratching at the screen door
Kitty at my foot and I wanna touch itA pussy purring and looking so satisfiedLost in his little yellow round eyes
Kitty rear up and scratch me through my jeans
猫を好きな人なら思い当たる内容である。


網戸を引掻く。
足元に纏わりついてきたら触りたい。
ゴロゴロ喉をならして満足しているみたい。
小さな黄色い丸い目は迷っているようだ。
毛を逆立ててジーンズを引掻く。

で、この曲4文字言葉も登場。


米国のラジオ局ではピー音が入る。

CD収録バーヴァージョンも然り。
でも、pussyは仔猫の意味の他にも…ですからね。
多分そちらの意味もあるのだろう。

来日記念盤のCDは各収録曲のシングル盤ジャケットらしき写真が歌詞カード、解説文の裏にプリント。
こういった親切さは日本のレコード会社ならでは。
輸入盤ではないことだ。


「Kitty」のシングル盤は複数の猫写真がコラージュ。
写真が小さいので各個体が同じ猫かの判別が難しい。
黒白、キジ、茶白、三毛、シャム、長毛種、アビシニアン?など。
メンバー3人の飼い猫だろうか…。


Video Killed the Radio Star, but youtube saved the Radio Star!
というわけで。

最近、米国で大きく話題になっているリアル・ラジオスターの悲劇が一転してアメリカン・ドリームへ!

週間文春連載の町山智浩「言魂USA」に寄ると、ホームレスの男性、テッド・ウイリアムズは元々音楽番組のDJをやっていたアナウンサー。
ホームレス男性が美声の持ち主であった…とユーチューブで話題になったが、過去の本職がそうであったのか。

町山氏の記事では別にMTVの発展でラジオの仕事を失ったわけではなさそうだが。
テッドさんはセクシーな声ばかりか女性にモテすぎて、家族を失い、酒とドラッグに溺れ、職も失ったそうだ。

テッドさん、今ではテレビ局の仕事も得た。
C・イーストウッドの「Play Misty for Me (恐怖のメロディー)」みたいなことにならないように、女性には気をつけてね…

ニックネーム わかたかたかこ at 17:38| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

Cat room chamamoが原宿での営業終了

英文記事を書こうとしたら例によって「HP原文に書いていないことを勝手に付け加えていいものか」等、問題発生…。

Cat room chamamo と英文では文頭はキャピタルレターで始まるが、本来チャマモさんの店名は小文字である。これは大きな違い。

吉祥寺(これが既に原文に無い!)のMカフェさんを目標にしておられるけど、チャマモさんの猫スタッフ、シュラミス君の病気を快癒した要因の1つ、手製フード…これはMカフェのメニューを参考にしたものであった。

この部分が大事なパートではあるが、移転のお知らせ文には記述が無い。過去ログを見ているのと,訪問した際に店長さんに聞いたから知っていたのだが。

それと、いわゆる猫カフェとしての営業形態で再開するのか、それも記述が無い。「猫のいる飲食店」なのかもしれないし??

lost in translation! (翻訳の際に起こるニュアンスの違い)加えて、未完成。


猫カフェ記事も書こうとして頓挫しているし。テレビで放送していたアメショの英文記事はどうにか書いたけど、同じ猫でも小さな範囲で限定したことなら何とかなる。テーマが大きすぎるものは…。ま、頑張りますよ。

Cat room chamamo, the popular Neko (Cat) Cafe in Tokyo, they closed the management in Harajuku area on Sep., 20th in 2010.

According to their Official Web Site, they actually never stop their business of Cat Cafe.
Mr. Oomura, the manager of chamamo, he says they prepare to open their new-style cat cafe again somewhere else.

They also shows their great application to the customer who loved cats stuff in chamamo, people who managed the other cat cafes, and the supplier who had the contract to supply products; such as cat food and so on to their shop.


They would like to start much idealistic business such as Mellow Cafe in Kichijoji.
The Oomura really admire the managing style of Mellow Cafe.

ニックネーム わかたかたかこ at 15:04| Comment(0) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

The book review of A Cat, a Man and Two women「猫と庄造と二人のをんな」英文レビュー

The book review of A Cat, a Man and Two women

A Cat, a Camera and a Cup of Coffee, the title of this blog named after Neko to Shozo to Futari no Onnna, A Cat, a Man and Two women, the work of Junichiro Tanizaki, a famous writer in Japan.

I really admire his works, especially this one.


The story begins with the letter from Shozo’s former wife, Shinako to current wife, Fukuko.

The way Shinako tells sounds very sarcastic and mean for Fukuko.
She asks she wants to be given her former husband loved cat, Lily, even she never ask to return Shozo and her bride’s outfit when she got married with him before.
If Fukuko never listen to what Shinako says, she sounds so cruel.
Shinako wants to have someone to compensate her loneliness. She also implies how he loves Lily even she envied when she was with him.
Every letter she talks could be trigger for her rival’s trigger to fight with Shozo.


How smart she is!


After Fukuko read Shinako’s letter, she prepared the dinner table for him.

He starts to flirts with his cat to throw sardines in vinegar, the menu he insists to eat even she does not want to have such cold things.

What Shinako’s plot hit it!

Fukuko finally says, “Well, you SHOULD give that cat to Shinako!”

「新婚家庭に猫を迎えられるか」

爆笑問題の田中が離婚。
女性週刊誌に元妻の「私よりも猫?」という報道があった。田中は帰宅してまず、妻よりも飼い猫たちに挨拶していたと言う。
他にも妻が「自分よりも猫が大事なのか」と思ったことがあたらしい。

田中といえば、猫雑誌にも数回登場した猫好き芸能人の1人である。
掲載誌を見れば、かなりの猫好きと思える。
勿論離婚と言えば他にも原因があったろうし、この報道が全てではなかろうし、 真偽のほどは分からない。

藤原紀香が離婚した際も、元夫である陣内が「猫好きの妻と違って猫アレルギー。
しかも彼女の飼い猫は元恋人から送られた、と分かった」という報道もあった。
これも、真実かどうかは分からない。

しかし、2つの元夫婦の報道に共通することは「夫妻のうちどちらかがより強く猫を好きである」という点。

貴方がもし、結婚したばかりで夫婦一緒に住む家屋がペット可の物件だったとしよう。
2人とも猫が好きで猫を飼いたいと思っている。

夫婦どちらか1人が元々飼っていた子を連れて行く、あるいは2人とも飼っている。2人で家賃を分担して払えるのなら飼育可能な物件に入居できたから今回初めて飼えるetc。
色々なパターンがあるだろう。

もし、田中、藤原氏のように「夫婦どちらか1人が強く猫が好き」ならば、新婚家庭に猫を受け入れるのはやや危険な事態を招くことにならないか?
なぜって?
それは猫が、猫好きの人間にとっては「たかが、猫」ではあり得ないから。

ある猫を飼っている夫妻の会話

彩子「おはよう、ホセ、マリア、カルメン。お腹空いた?待ってて。今ママがフード出すから…あ、こら、ホセ、まだだってば!」
鉄男「おはよう…コーヒーまだ沸かしてないの?」
彩子「あら、起きてた?ちょっとこの子たちにゴハンあげてからね」
鉄男「…フード出すだけだろ。コーヒー沸かす間に出来るじゃないか…」
彩子「お皿別々にしないとこの子達喧嘩するって、いつも言っているじゃないの。ホセはドライでいいのだけど、女の子たちはウエットと混ぜないとドライフード食べないし」
鉄男「しょうがないなあ。旦那さまは猫以下ですよー。いいなあ…お前たち…」
彩子「あら、パンだったら冷蔵庫の中よ。悪いわね」

…この通り、彩子と鉄男の家庭では妻である彩子のほうが猫好きで夫の鉄男はそうでもない。

猫たちの朝食は人間である鉄男の朝食よりも優先され、鉄男は自分でトーストでも焼く事態になる。
こんなことが日々、積み重なったら、「俺よりも猫が大事か!」と鉄男が思ったとしても無理からぬところであろう。
夫妻どちらか1人が猫好きでもう1人がそうでなかった場合も結婚後、猫と暮らすうちに猫の魅力に目覚めた場合もあるかもしれない。
親の代からある宗教を信仰していた2世信者よりも、自らの意思で改宗した人がより熱心な信者になるケースがあるように。

貴方の配偶者は庄造かもしれないし、品子かもしれない…谷崎の「猫と庄造と2人のをんな」のように、夫が元妻と現在の妻を嫉妬させるくらいに猫を強く愛していたら?
元夫に仕掛けた罠のつもりが、自分が猫に強く惹かれていったら?

猫を新婚家庭に迎えようという方はご用心、ご用心。



ニックネーム わかたかたかこ at 12:13| Comment(0) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする