2011年02月24日

Momus

一見バンド名のようであるが、実質Scotland出身のNicolas Currieのソロプロジェクト。
明るくて爽やかなAcoustic soundや過激、実験的なポストパンクのバンドを聞いていると、たまに暗く内省的な音楽も聴きたくなる。
そんな時、モーマスを引っ張り出してニックの世界に浸る。
ウィキ等で調べたら、あら、驚き。
ニックは世界の各都市(その中に東京も)を転々とした挙句、何と今は大阪に住んでいる。
「カヒミ・カリィのプロデューサー」「志村けんにインスパイアされた曲を作って」「浅草キッドの水道橋博士とも交流が」
ウィキはNew Wave系を調べたら、英語版があっても日本語版が出てこない事がある。
Julian Cope, Go- Betweens, Pale Fountainsがそうであった。
検索される回数が少ないマイナーなアーティストと見なされているのか?
モーマスは日本在住ということもあってか、日本語ウィキがある。
上記の3アーティストのほうが輸入盤チャートでは彼よりも上位に入っていたのに。
J Copeも公式サイトではなぜか日本のロックを紹介している。
彼と日本の関わりも不思議であるが…。
とにかく、本国での人気よりも日本の洋楽ファンというのは情が深い?せいもあってか、来日するアーティストも多いようである。
それと、欧州におけるアニメや北野武監督などの日本ブームの影響も少なからずあるのかもしれない。
モーマスをコーネリアスとの関わりから、「渋谷系」と見なすこともあるとは驚きだ。
基本的にエレポップ系はあまり好きではない。
モーマスは他のミュージシャンのクレジットが無い?こともあり、多分一人で演奏していると思われる。
彼の音楽性はシンセその他をピコピコ…しかし、歌詞は深い。
ささやくような声も素敵だし歌唱力も高い。
曲作りに関しては歌詞が詩的、私的ということもあり、歌うというよりは朗読、語っていて時々メロディーが…というパターン。
彼の唱法は性的な内容の歌詞の時はそれにあわせてeroticになることも。
一番好きな曲は「Shaftsbury Avenue」
以前は勝手にロマンチックな曲だと思っていた。
久々に歌詞を見て驚愕。
私の英語力、読解力が向上しているのだろうか?
これはどうもstreet girlと関わる男性の話である。
「If I spoke Vietnamese, I could be your best friend」
Vietnameseの部分はCantoneseとも歌われる。
つまり、そういう職業の女性の言語のこと。
差別的だとか抗議の声も上がりそうな内容が随所に。
そしてsarcasticで難解である。
曲調、声はあくまで美しく繊細、大胆なアレンジ。
ちなみに、「I can hear the sound of the murder machine」という歌詞でプロモビデオや演奏はあくまでも牧歌的で美しく…という内容の名曲「Cellophane」があった。
That Petrol EmotionというIrelandのバンドである。
曲調と矛盾する歌詞を平気で創るミュージシャンがNew Wave系には多くいる。
モーマスは日本語も堪能なのかもしれない。
公式サイトに投稿したら、ご本人から返事が来るのだろうか…。

“Cattery Avenue” by Mewmus (wakatakatakako)

替え歌 Changing song of Shaftesbury Avenu, Momus

I think you're waiting for some cat.
And I think he's not going to show.
And there's some cat cafe round the corner 
Wanna go?
Uptown – cat toys and cat nip
Uptown - where the cat is moodier
Uptown - where the people are crazier
And the cat’s door is double-locked
Uptown - I'm going up there just as I am Going to be with the people of the cat-loving
Uptown - 'cause I've got some feeling to play with cats And here's where I'm going to stay with
them
Appearing in the cat’s palace: touching with Cat’s Paw handshakes
And nine lives’ cats’ tale (Appearing in the Cats’ End)
Mixed and Breeds, Calicos and Gingers Sphinx cats with faces like E.T
Cats Council at night and cat nip bars
Looking for a cat friend (Appearing in the Cats’ End)
Dried food in the dish, catches and scratches sparrow
Feasts in the cats’ dish 
Harajuku Street cats watch as I go 
My curious black eyes below your window
If I could just speak Catonese 
You could be my best friend
There's some great entertainment lined up for me On Animal Planet
But meet me on Cattery Avenue (Operating for fun, looking for a good time)
Sophisticated kitten, so much better at life than me
Meet me on Cattery Avenue
Talk to me Dance with me
Make fun with me
Make friends with me

The Lifestyle Of The Kitten by Meowmus (wakatakatakako) from the album "Don't Stop The Meow" (2011)

替え歌 Changing song of The Hairstyle Of The Devil, Momus
She saw the toy and food at exactly the same time
She never meow you when she was round at mine
But when you were round at hers you always opened the cans
'Cause you only had catnips for seducing of the kitten she was seeing
And what she saw in cat was only what attracts 

The many Kittens I see behind their lovers' backs
But what the cat saw in you, I could never work it out 
There was just cat nip she found it turned you on to talk about
The inexplicable charisma of the feline 
You said "Describe for me the lifestyle of the Kitten
Is he playful? (Don't answer!) 
Is he a hunter? (Don't answer that!)
Does he please you while meow? (Shut up, don't answer back!)
Just tell him I'm dying to pat him"

Fostered, The Hope Of Cats by Meowmus (wakatakatakako)  from the album "The Poison Cats" (2011) 

替え歌 Murderers, The Hope Of Women, Momus

With this opener I open the can  
Who will be my cat today  Sweet Fanny Lily
Watch her climb the cat walk 
A present from her foster-father Sweet Fanny Lily
See her reaching out and scratching down the curtain drapes
Foot looks like socks, an Elizabeth- colour for her face
With newspaper for her napping bed
You must take a walk with her 
The Proper Little Lily
And now because I love her  
I must take my place too
Fostered, the Hope of Cats
Paw in every sneaky stepping
I must take this cat for my sentence of life  
And she must steal my bed





ニックネーム わかたかたかこ at 14:22| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント