2010年08月26日

芥川龍之介の「秋」

清張は芥川龍之介を尊敬するという。
芥川の「お富の貞操」が猫を題材にしていると猫雑誌に紹介があったので、短編集を購入した。
芥川といえば、今昔物語集や宇治拾遺物語集を題材に翻案、彼自身のアイデアを盛り込んだ所謂「王朝もの」の印象が強い。
(当時の)現代ものはあまり読んだことがなかった。

短編集のなかに「秋」という作品がある。
当時は裕福なインテリ女性であったであろう女子大学卒のヒロインには、周囲も本人たちも結婚を意識したであろう従兄がいた。

ところが、彼女は突然別の男性と結婚した。仲の良い妹も従兄を好きであり、彼に宛てた出す前の手紙をどうやら姉が読んだらしい。
姉が妹のために従兄をあきらめたという、申し訳なく思う妹の手紙。
まもなく妹は従兄と結婚。

姉は文才に優れ、級友たちは「いつ女流作家としてデビューするのだ」と思っている。
夫は妻の文学に対する思いに理解がない。
芥川の周辺にもそういう人がいたのか?
「戯作三昧」の中にも滝沢馬琴の妻が夫の創作活動に理解がないという描写がある。
「秋」のヒロインの元恋人は、文芸雑誌に作品が掲載されるようになる。
彼女はあきらかに自分と考え方が似ている男性をあきらめ、そうでない男と結婚したのだ。

松本清張の「遠くからの声」。

ヒロインは、姉の夫を姉の婚約時代から恋い慕い、義兄もその思いに気づいているし、気にかけてもいる。
ところが妹は次々にそれほど好きでもなさそうな男と結婚したり駆け落ちしてみたり。
東京から福岡の田舎にまで行ってしまう。
姉が婚約時代、父親が婚約者と2人で出歩くことにあまりよい感情を持っていなかった。
だから姉は妹を利用し、3人で出かけることが多かった。
そんな中で妹の行動が度を越していると姉が気になることがあった。
とうとう妹は新婚旅行先にまで訪ねてきてしまう。
森の中を散歩する際、妹が「お兄さまぁー」と呼ぶ声。
この場面が後に暗示するものは…これから先は言うまい。

芥川の「秋」を読んでいて、「逆のパターンだけど、似ているな」と思った。
清張はこの作品が頭にあったのだろうか。
芥川は漱石の弟子の1人であるが、漱石となると文体が古いというかやや難解なものもある。
これが弟子の世代(他には内田百閧オか読んでいないが)になると、今読んでも古くない。むしろ今の時代と変らない、普遍的な作品が多い。

「一塊の土」という作品。
一見、義理の母に対して孝行な夫を亡くした嫁。
義母としては、嫁が早く再婚してくれて自分が引き受けている孫の世話や、家事を嫁にやって貰いたい。
それが嫁は男以上に畑仕事に精を出し、一向に再婚しそうに無い。
周囲には孝行な嫁だ、と義母の不満など取り合ってくれない。
この話、現代にもあることのような気がするが。

ニックネーム わかたかたかこ at 16:50| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント