2010年10月06日

Cat room chamamoが原宿での営業終了

英文記事を書こうとしたら例によって「HP原文に書いていないことを勝手に付け加えていいものか」等、問題発生…。

Cat room chamamo と英文では文頭はキャピタルレターで始まるが、本来チャマモさんの店名は小文字である。これは大きな違い。

吉祥寺(これが既に原文に無い!)のMカフェさんを目標にしておられるけど、チャマモさんの猫スタッフ、シュラミス君の病気を快癒した要因の1つ、手製フード…これはMカフェのメニューを参考にしたものであった。

この部分が大事なパートではあるが、移転のお知らせ文には記述が無い。過去ログを見ているのと,訪問した際に店長さんに聞いたから知っていたのだが。

それと、いわゆる猫カフェとしての営業形態で再開するのか、それも記述が無い。「猫のいる飲食店」なのかもしれないし??

lost in translation! (翻訳の際に起こるニュアンスの違い)加えて、未完成。


猫カフェ記事も書こうとして頓挫しているし。テレビで放送していたアメショの英文記事はどうにか書いたけど、同じ猫でも小さな範囲で限定したことなら何とかなる。テーマが大きすぎるものは…。ま、頑張りますよ。

Cat room chamamo, the popular Neko (Cat) Cafe in Tokyo, they closed the management in Harajuku area on Sep., 20th in 2010.

According to their Official Web Site, they actually never stop their business of Cat Cafe.
Mr. Oomura, the manager of chamamo, he says they prepare to open their new-style cat cafe again somewhere else.

They also shows their great application to the customer who loved cats stuff in chamamo, people who managed the other cat cafes, and the supplier who had the contract to supply products; such as cat food and so on to their shop.


They would like to start much idealistic business such as Mellow Cafe in Kichijoji.
The Oomura really admire the managing style of Mellow Cafe.

ニックネーム わかたかたかこ at 15:04| Comment(0) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

The book review of A Cat, a Man and Two women「猫と庄造と二人のをんな」英文レビュー

The book review of A Cat, a Man and Two women

A Cat, a Camera and a Cup of Coffee, the title of this blog named after Neko to Shozo to Futari no Onnna, A Cat, a Man and Two women, the work of Junichiro Tanizaki, a famous writer in Japan.

I really admire his works, especially this one.


The story begins with the letter from Shozo’s former wife, Shinako to current wife, Fukuko.

The way Shinako tells sounds very sarcastic and mean for Fukuko.
She asks she wants to be given her former husband loved cat, Lily, even she never ask to return Shozo and her bride’s outfit when she got married with him before.
If Fukuko never listen to what Shinako says, she sounds so cruel.
Shinako wants to have someone to compensate her loneliness. She also implies how he loves Lily even she envied when she was with him.
Every letter she talks could be trigger for her rival’s trigger to fight with Shozo.


How smart she is!


After Fukuko read Shinako’s letter, she prepared the dinner table for him.

He starts to flirts with his cat to throw sardines in vinegar, the menu he insists to eat even she does not want to have such cold things.

What Shinako’s plot hit it!

Fukuko finally says, “Well, you SHOULD give that cat to Shinako!”

「新婚家庭に猫を迎えられるか」

爆笑問題の田中が離婚。
女性週刊誌に元妻の「私よりも猫?」という報道があった。田中は帰宅してまず、妻よりも飼い猫たちに挨拶していたと言う。
他にも妻が「自分よりも猫が大事なのか」と思ったことがあたらしい。

田中といえば、猫雑誌にも数回登場した猫好き芸能人の1人である。
掲載誌を見れば、かなりの猫好きと思える。
勿論離婚と言えば他にも原因があったろうし、この報道が全てではなかろうし、 真偽のほどは分からない。

藤原紀香が離婚した際も、元夫である陣内が「猫好きの妻と違って猫アレルギー。
しかも彼女の飼い猫は元恋人から送られた、と分かった」という報道もあった。
これも、真実かどうかは分からない。

しかし、2つの元夫婦の報道に共通することは「夫妻のうちどちらかがより強く猫を好きである」という点。

貴方がもし、結婚したばかりで夫婦一緒に住む家屋がペット可の物件だったとしよう。
2人とも猫が好きで猫を飼いたいと思っている。

夫婦どちらか1人が元々飼っていた子を連れて行く、あるいは2人とも飼っている。2人で家賃を分担して払えるのなら飼育可能な物件に入居できたから今回初めて飼えるetc。
色々なパターンがあるだろう。

もし、田中、藤原氏のように「夫婦どちらか1人が強く猫が好き」ならば、新婚家庭に猫を受け入れるのはやや危険な事態を招くことにならないか?
なぜって?
それは猫が、猫好きの人間にとっては「たかが、猫」ではあり得ないから。

ある猫を飼っている夫妻の会話

彩子「おはよう、ホセ、マリア、カルメン。お腹空いた?待ってて。今ママがフード出すから…あ、こら、ホセ、まだだってば!」
鉄男「おはよう…コーヒーまだ沸かしてないの?」
彩子「あら、起きてた?ちょっとこの子たちにゴハンあげてからね」
鉄男「…フード出すだけだろ。コーヒー沸かす間に出来るじゃないか…」
彩子「お皿別々にしないとこの子達喧嘩するって、いつも言っているじゃないの。ホセはドライでいいのだけど、女の子たちはウエットと混ぜないとドライフード食べないし」
鉄男「しょうがないなあ。旦那さまは猫以下ですよー。いいなあ…お前たち…」
彩子「あら、パンだったら冷蔵庫の中よ。悪いわね」

…この通り、彩子と鉄男の家庭では妻である彩子のほうが猫好きで夫の鉄男はそうでもない。

猫たちの朝食は人間である鉄男の朝食よりも優先され、鉄男は自分でトーストでも焼く事態になる。
こんなことが日々、積み重なったら、「俺よりも猫が大事か!」と鉄男が思ったとしても無理からぬところであろう。
夫妻どちらか1人が猫好きでもう1人がそうでなかった場合も結婚後、猫と暮らすうちに猫の魅力に目覚めた場合もあるかもしれない。
親の代からある宗教を信仰していた2世信者よりも、自らの意思で改宗した人がより熱心な信者になるケースがあるように。

貴方の配偶者は庄造かもしれないし、品子かもしれない…谷崎の「猫と庄造と2人のをんな」のように、夫が元妻と現在の妻を嫉妬させるくらいに猫を強く愛していたら?
元夫に仕掛けた罠のつもりが、自分が猫に強く惹かれていったら?

猫を新婚家庭に迎えようという方はご用心、ご用心。



ニックネーム わかたかたかこ at 12:13| Comment(0) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“Thirst for Love (Ai No Kawaki) “三島由紀夫「愛の渇き」英文レビュー

“Thirst for Love (Ai No Kawaki) “
Written by Yukio Mishima.
Charles E Tuttle Company Tokyo, Japan

The son of a government official in Yotsuya, Tokyo, Kimitake Hiraoka was born in 1925.
While he was in Gakushuuin high school, he wrote under the “pen name” Yukio Mishima and published “Hanazakari no mori (Forests in bloom)".
He was a very talented young man.
He met Yasunari Kawabata (1899-1972), who recommended Mishima’s works to important magazines.

His first major novel was "Kamen no kokuhaku (Confessions of Mask)", appeared in 1949 and established him as a leading writer in the Japanese literary world.
Both Kawabata and Mishima are considered by many critics as the most prominent and important Japanese novelists of the 20th century.

Mishima was nominated three times for the Nobel prize for literature, while Kawabata won the prize once.
When Kawabata won the prize, he said, “The reason why I got the prize is Mishima is still young”.
Mishima remains a subject of intense interest despite committing hara-kiri (ritual suicide) on November 25, 1970.

Mishima wrote “Thirst for Love (Ai No Kawaki) “ in 1950.
Etsuko, the heroine of this story, lost her husband and became the mistress of her late husband’s father, Yakichi.
She also loved their young servant (garden- keeper), Saburo.

But her love was one-sided as he loved his co-worker, Miyo. Miyo got pregnant and Saburo went back to his hometown to get his mother’s permission to get married.
During his absence, Etsuko fired Miyo.
Etsuko suffered greatly from her love for Saburo, a fact which all the family members, except him, knew about (including her “master”, Yakichi).

Many of Mishima’s heroines belong to the middle class and are very wealthy. They are beautiful, sophisticated, decent and immoral.
Etsuko is one such heroine.
She gets bored with her life and thirsts for love.


News sources: Seidensticker’s writer’s review of Yukio Mishima

Some of them are “frigid” women. He seems to be attracted such “cold-hearted” women.


2000年を迎えた際に「ミレニアムインタビュー」なるものを外国人に尋ねてみました。
ちなみに「トイックフレンズ」というトイック学習雑誌の真似です。

1. 生化学的な核戦争が起こるのではないか?(イギリス人)
Biochemical Warfare

2.医療技術が進んで長生きしすぎるのではないか?(イギリス人)
Advance in the medical area.

3.コンピュータと人間のつながりがもっと進むのではないか?(イギリス人)
Advance in the link between the Computer ann the human being..

4.環境保護が進むのではないか?(アメリカ人)
Environmental Protection

5.核兵器がさらに拡散するのではないか?(イギリス人)
Nuclear Weapon could proliferate.

6.宇宙旅行が身近になるのではないか?(アメリカ人)
Space travel

7.人間の精神の科学が発展するのではないか?(日本人)
Science in the human's mind.


ニックネーム わかたかたかこ at 11:53| Comment(0) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする